KDDI、Samsung製Android 2.2タブレット「SMT-i9100」を発表

KDDIは本日の発表会においてAndroidスマートフォンのほか、Samsung電子製のタブレット型端末「SMT-i9100」を2011年2月下旬以降に発売することを発表しました。
通信機能ではWi-Fiのみ用意され、auの携帯電話ネットワークには接続できませんが、KDDIとSamsungが共同で開発した製品であるとのこと。

画像


OSにAndroid 2.2を採用。
約7インチ、1024×600ピクセルのタッチパネル(静電式)TFTディスプレイはマルチタッチももちろん対応。
RAMは512MB、Flashメモリ4GB、200万画素CMOSカメラ、Bluetooth 2.1+EDRを搭載。
auの通信モジュールを内蔵しないこともあり、auブランドではなくメーカーブランド製品として発売されるそうですが、KDDI側が仕様を指定し、Samsungが開発したモデルであるとのこと。
インターネット接続に利用する通信機能はWi-Fi(IEEE 802.11b/g/n)、アクセスポイント以降のWAN側回線は、auの携帯電話や固定回線に限らずどの通信網でも利用できます。

メーカーブランドではありますが、IS01以降採用されている「Ocean Observation UI」を搭載。
また、Webサービスの「auお客さまサポート」、「安心ナビ」対応機種の居場所を確認できる機能「パソコンで位置確認」へ直接アクセスできるショートカットアイコンを搭載。
LISMOやEZナビウォークのような、auが提供するアプリケーションとの連携などについては検討中。

サイズや重さはいずれも暫定値で199×129.4×13.9mm、約450g。
連続使用時間は約2時間、連続待受時間は約12時間とのことですが、どちらも暫定値とのこと。
製品にはクレードルが付属しています。


ドコモで発売されるGalaxy Sとスペック的には遜色のないものが出てくるとは思いますが、デザインがやや地味な印象も受けます。
3G回線を搭載しませんが、KDDIではモバイルルータ「Wi-Fi WALKER DATA05」や従来のau端末に接続して利用する「NEX-fi」を発売するため、セット販売も考慮されているのかもしれません。

こちらもどの程度の売れ行きなのかは気になりますね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • タブレット「SMT-i9100」

    Excerpt: 画面スナップショットを撮る方法について追記しました。 Weblog: ぱふぅ家のホームページ racked: 2011-09-03 11:02